マレーシアの医療事情について 『医療ツーリズム』の実施と医薬産業
     日本の正看 護師免許取得
日本、マレーシアで勤務経験15年以上
HOME 医療コーディネター プリンスコート・PCMC 病院・お薬り・保険情報 患者様便り・お問合せ MYの医療情報 MY・KL情報リンク
   医療コーディネーターについて  →  マレーシアの医療事情について  →  海外の医療(受診の心がまえ)
 ■ 医療コーディネーターについて

   『医療コーディネーター』について     
『医療コーディネーター』の仕事
 海外で医療を受ける際に、患者様やご家族の方が言葉の問題や習慣の違いから持つ不安を最小限にし、患者様と医師が信頼感を持てるように、また、患者様に寄り添いながら継続的なご支援を念頭に、お手伝いさせて頂いています。
あくまでも『医療コーディネーター』であり、医師ではないので特定の治療法を勧めたり、治療法の良否などに答えたり、特定の医師の紹介のみは行っていません。
なお、治療の結果については医師および病院が負うもので、『医療コーディネーター』としては免責とさせて頂いています。

 
   医療コーディネーターとしての支援  












































特集【保存版】病院情報
201204JCKL
医療機関への受診相談、予約アレンジ
患者様との最初の接点は、お電話であったり、メールだったり、直接お越し頂いたり、お友達経由だったり、会社経由だったりさまざまです。頂いた情報から状況を把握して、何が必要かを判断し、個別のご要望に沿って医療機関への相談、予約アレンジをさせて頂きます。
受診時同行、医師の診断と治療方針の説明
医療機関へ一人で不安な場合には受診時に同行し、医師の説明がわかりにくい場合には、医師の診断や治療方針などを、わかりやすい言葉に置き換えてご説明します。処方された医薬品についても効能や服薬の仕方などを、薬剤師の説明を一緒に確認させて頂きます。
医療情報の提供
クアラルンプールの複数の医療機関での勤務経験がありますので、複数の専門医師や医療機関の情報を持っています。ケースによってはセカンドオピニオンのアドバイスもさせて頂きます。
健康診断
プリンスコート・メディカルセンター(PCMC)健診センターでは、早期発見を目指し、健康診断の総合窓口として検査による移動を最小限にしています。医師の問診時と結果説明時には同行します。質問やわかりにくいところを一緒に確認します。また、検査結果はお待ち頂ただければ同日に受領できます。
小児科、妊娠、出産
日本とは異なると感じられるかと思いますがご安心されますよう、私自身が当地で出産と子育てを経験しましたので、マレーシアの医療スタイルを説明させて頂きます。
不妊治療
受診を迷っている方は是非、勇気を出して受診相談頂ければと思います。
多くの症例に携わりました。人工授精、体外受精。方法はいろいろありますが一緒に頑張ってみませんか。
血液透析
日本での血液透析科に勤務経験があります。旅行中の透析の方、マレーシア駐在中に血液透析の導入をされた方をお世話しました。血管への穿刺時も不安がないようにできるだけ傍に付き添いさせて頂きます。
化学療法、放射線療法
キャンサーセンター(がん診療センター)では、化学療法の患者様も放射線療法の患者様もアットホームなスタッフに癒されます。
がんの診断に有効な一度で全身のがんを調べられるPet-CT、健康な臓器に負担をかけずにがん腫瘍をピンポイントで放射線照射できる「トモセラピー」の最先端医療の設備があります。既に何人もの日本人患者様がこのキャンサーセンターで治療されました。
その他各科に対応
リハビリ科では、運動療法、作業療法、リハビリプール等の設備もあります。
既に、日本人の患者様がご利用されました。
眼科では、レーシックセンターもあります。耳鼻科では日本でも取り扱い医療機関の少ない副鼻腔炎の手術、バルーンサイナプラスティ術の実施例もあります。
心臓内科では、血管造影の検査や治療が受けられます。日本でインプラントされた心臓ペースメーカーのメンテナンスも、PCMCで実施が継続されています。
腹部外科では、腹くう鏡の手術も盛んで、開腹手術よりも術後の負担が少なく、早期の職場復帰が可能です。
泌尿器科では、前立腺手術のロボット支援手術が可能です。術創の神経や筋肉の損傷を最小にすることで手術後の排尿や性生活への影響を少なくします。
その他、各診療科に対応させて頂きます。
コミュニケーションサポート
医療機関だけでなく、日本大使館、KL日本人会、旅行会社、海外旅行傷害保険代行会社、病院より徒歩圏内の日系ホテル等と情報を交換させて頂いています。
様々な場面で、これまでの医療知識と経験を活かしてサポートさせて頂きます。
医療費の見直し/評価
医療費が妥当であるか、経験からアドバイスさせて頂きます。
医療費の支払いと保険手続き
医療費の支払い方法のアドバイスや、国民健康保険など申請書類の作成や海外旅行傷害保険などの申請手続きなどの情報を提供させて頂きます。
帰国、旅行などの付き添い
患者様の帰国や旅行などの付き添いをさせて頂きます。
その他
その他にも様々な視点からアドバイスさせて頂きます。
お問合せの手順・ご依頼の方法









KLの病院・お薬りの情報




プリンスコートについて

 
お問合せの手順・ご依頼の方法
 

 私が見たプリンスコート・メディカルセンター(PCMC)  
1階 平面図
病室
1階 待合ロビー
1階 ファーマシー(薬局)
1階 フラワーショップ(花店)
1階 コーヒーショップ
地下1階 レストラン
プリンスコート病院の一般的な費用は。
 プリンスコート・メディカルセンター(PCMC)について、KLに在住の日本人の方、日本から来られる方に、十分な情報が提供されていません。
そこで、一般的な費用について記述しておきます。
医師の診察料金等はマレーシア「民間の医療施設&サービス法」の料金表に準拠していますので、突然高い診療費、検査費が患者様に請求されることはありません。専門医の初診料は RM 180 程度ですが、再診料は RM 90〜です。
(注:特殊な専門科によっては必ずしも同じではありません。)
一般救急外来(年中無休24時間) の一般医の診察料金は RM 50〜です。薬代、検査費などが追加されます。
健康診断は基本的なスクリーニングパッケージ RM 500〜です。
入院費は全室個室プライバシーのあるお部屋:スタンダードルームの室料が一泊 RM 150〜からです。
施設見学をご希望の際は、ご遠慮なくお問い合わせください。
その他の疑問については、どんなことでもご気軽に、お問合せください。

診療、検査、手術、治療、セカンドオピニオンもスピーディ。
 プリンスコート・メディカルセンター(PCMC)は最先端の医療設備を設け、専門医のそろった病院です。
診察予約は初診でも長く待たされることはありません。早ければ当日の診察予約も可能です。必要な検査も当日か数日内の予約が可能です。セカンドオピニオンも検査結果がそろっていれば、繰り返し検査をする必要は全くありません。医師も気持ちよく相談に応じてくれます。
手術日のアレンジも1週間以内が一般的です。入院期間も日本と比べ短いです。
医師間の連携が大変スムーズで、院内電話1本で新しい患者様の紹介をスピーディに行います。院内で統一されたコンピューターシステムで、患者様の情報は次の医師へと確実に繋がっていきます。
専門医の多くは欧米で留学を終え、新しい治療や手術法を学んでマレーシアへ戻り診療しています。特別なスキルを持つ医師が多いため、他の病院から検査のためやセカンドオピニオンを受診するケースもあります。スキルの高い医師が最先端のPet-CTの検査機器や手術支援のためのロボット『ダビンチ』やピンポイントの3次元放射線照射装置 『トモセラピー』でがん治療をおこなっています。
また、核医学を設備しており治療や手術の幅も広がるのもPCMCの特徴です。
スキルを持った医師と充実した設備で、早期の診断が可能になり早期治療、回復につながります。他の病院へ検査のために出向く必要もありません。同じ病院で検査、手術、治療が可能になります。

ホスピタリティ。
 プリンスコート・メディカルセンター(PCMC)では医師は白衣を着用しません。医師はフレンドリーで、待合室の患者様を医師自らが呼びに来てくれることもあります。毎回、診察の最初と終わりに握手をしてくれる医師もいます。病院に来ている緊張が少し和らぐのではないでしょうか?
また、同じ目線で対応してくれますので、ためらわずに質問もできます。じっくり話を聴き丁寧に説明してくれます。
外国人の患者様のためにインターナショナルビジネスラウンジがあります。 そこではインターネットやFAX等も使えます。スタッフは急な病気のためビザの延長が必要になった患者様のためのお手伝いもします。
近代的な設備のある病院も、立派な肩書きを持つ医師も、それだけでは何か物足りません。 PCMCの大きな魅力は、病院全体としてのホスピタリティの取組みにあると思います。
医師、看護師、スタッフたちのその余裕から生まれる笑顔。笑顔。笑顔。
患者になった時どれほど癒されるでしょうか。

PCMCの利用の仕方。
 プリンスコート・メディカルセンター(PCMC)は2008年7月開院の新しい病院ですが、医師もスタッフも設備も十分整っており、安心して治療を受けることができます。
常駐の日本人スタッフはいませんが医療英語に自信のない方は、ご連絡いただければ私が受診相談や予約、受診時に同行させていただきます。PCMC専属『医療コーディネーター』フリーランスとして働いています。患者様から料金を頂くことはありません。
待ち時間が少ないというのは全診療科に共通で、一度受診すれば実感されるでしょう。 日本に帰国しなくても日本と同じレベルの医療が受けられます。
また、日本から来られる患者様もPCMCで治療、セカンドオピニオンを受けるという選択肢もあります。 日本から治療を受けるため定期的に受診されている患者様もおられます。
日本と比べて手術法、医薬品、検査機器、検査方法など、マレーシアで認可が早いこと利用し、日本ではできない治療、国民健康保険適応外の治療、新薬の治療などをいち早く受けることも可能です。
日本では抗がん剤など多種に及ぶ新薬が手に入らないケースでも、マレーシアで新薬が入手できる場合もあります。日本で治療法などを色々探されている方は、是非にPCMCの受診も検討してみてください。受診までの情報などは可能な限り私が代わって収集させて頂きます。
PCMCは患者様が選択して医療を受けることが可能な病院なのです。
患者様とPCMCの間で私が一人でも多くの方のお役に立てればと願っています。












Executive_Health Screening_Packages
プリンスコートの病室料金




プリンスコートの医師
201202doctors_directory

 
お問合せの手順・ご依頼の方法
 

   名刺のお渡し  
<日本語・英語の名刺をお渡しています。>
医療コーディネーター
中川溶子
YOKO NAKAGAWA
携帯 012-325 2560
日本の正看護師免許取得
日本、マレーシアで勤務経験15年以上
医療機関への受診相談、予約アレンジ
受診時同行、医師の診断と治療方針の説明
健康診断、小児科、妊娠・出産、不妊治療、
血液透析、化学療法、放射線療法
その他各科に対応
帰国、旅行などの付き添い
nakagawa_jpn_01.jpg

nakagawa_jpn_02.jpg

nakagawa_eng_01.jpg nakagawa_eng_02.jpg
Medical Coordinator 医療コーディネター Yoko Nakagawa 中川溶子 Malaysia)携帯 012-325 2560
Copyright Copyright(C) 2012  YOKO NAKAGAWA. All Right Reserved. 2012 YOKO NAKAGAWA. All Right Reserved. プライバシーポリシー
inserted by FC2 system